電車での長時間が苦痛の根源

「電車で長時間」が苦痛の根源

たんに時間が異なるだけではない。通勤のための手段の違いも、通勤の負担に影響する。表2をご覧いただきたい。これは平成12年の国勢調査で、15歳以上の自宅外通勤・通学者について利用交通手段別の割合をみたものである。通勤時間の長い都府県では、「鉄道・電車だけ」を通勤手段にしている人が多いことがわかる。鉄道・電車での通勤は、その時間を読書や語学学習など、他の目的に使用することが可能な反面、多数の見知らぬ人間と至近距離で接していなければならず、非常にストレスがかかる。

今の家に引っ越す前はかなりのストレスがありましたね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です