NY名物鳥の「タカの巣撤去」 アパートに市民抗議

NY名物鳥の「タカの巣撤去」 アパートに市民抗議 – asahi.com : 国際

 マンハッタンの高級アパートのひさしに約10年すみ、名物鳥としてニューヨーカーに知られていたタカの巣が、突然撤去された。テレビのドキュメンタリーになり、写真集も出版されていただけに、撤去したアパート側に市民から非難が殺到。連日、数百人がアパートを取り囲む騒ぎになっている。 タカの仲間のアカオノスリ。93年ごろにセントラルパークを見下ろす超高級アパートの12階部分に巣を作った。毎年夏前には、つがいでヒナを育てる様子を見ようと市民が集まった。愛鳥団体はセントラルパークに望遠鏡を据え付けて観察。テレビ局はカメラを構えて姿を追った。 ところがアパート側は今月7日、突然巣を撤去した。理由ははっきり説明していないが、分譲所有者の合意という。アパートにはテレビの人気キャスターら著名人や富裕層が住んでいる。バードウオッチャーらからプライバシーを守るため、との推測もある。タカは撤去後の数日間、セントラルパークで目撃されたという。 寝耳に水の撤去に、環境保護団体オーデュボン協会のニューヨーク支部は、ブルームバーグ市長に公開質問状を提出。「恥を知れ」などと書いたプラカードを手にした市民らがアパート前で抗議を続けている。アパート前を通る車の多くは、抗議のクラクションを鳴らしている。 (12/13 13:05)

その前に戦争に抗議しなさい。日本で言うタマちゃんというところか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です