気象庁HPが接続困難に

気象庁HPが接続困難に 台風上陸でアクセス急増 (共同通信)

気象庁HPが接続困難に 台風上陸でアクセス急増強い台風6号が高知県室戸市付近に上陸、四国を進んだ21日午前、気象庁のインターネットのホームページ(HP)にアクセスが集中したため、接続できなかったり、接続しても情報表示まで大幅に時間がかかる状態が続き、同庁に苦情が相次いだ。気象庁は急きょサーバーを増設するなどして、接続しやすくなるよう作業している。気象庁によると、台風の上陸前後からアクセスが急増してサーバーの容量を超えたため、普段より接続しにくい状態になった。このため利用者から電話やメールで「どうなっている」などの苦情が相次いだという。 HPは防災情報を提供する。

知りたい時に知りたいことは知れないものですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です