あなたがいる場所 (新潮文庫)

不覚にも電車に乗っている中で天使のおやつを読んでしまったのです。
娘を亡くした父親の冷静さと大きな感情が並走する。
もう電車な中でハラハラと泣いてしまいました。
コロナ禍で鼻水を啜る音も迷惑だったと思います。。。
この短編集、どれも素晴らしい。
リアリティのある感情の進み方にノンフィクションと思えない不思議な読書感を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です